リンク サイトマップ
糖尿病

糖尿病

糖尿病は以前から深刻な生活習慣病として知られている生活習慣病の一つです。成人病の一つとしても日ごろから予防や対策に真剣に取り組んでいる人も多いと思いますが、メタボリックシンドロームとも深い関わりがあることを知っていますか?生活習慣病の予防や対策を心がけている人も、メタボリックシンドロームと糖尿病の関わりや特徴を知ることで、さらに日ごろのライフスタイルを見直すことができるはずです。

目次

メタボと糖尿病の関係

糖尿病と合併症

糖尿病と合併症糖尿病は、血液中の成分バランスが崩れることによって血糖値が上がってしまう病気のことです。血液中の血糖値が増えると血管や神経、腎臓といった内臓に影響を与え様々な合併症を引き起こしてしまいます。血液中の血糖値は、血液の中のブドウ糖の割合で測ることができます。

糖尿病にかかってもすぐに体に異変が現れるわけではなく、自分でもわかりづらい病気です。そのため、体に自覚症状が出てくるころには、糖尿病がかなり進行した状態になっている場合や、ある日突然、心筋梗塞や脳梗塞で倒れてしまうというケースもあります。

内蔵に中性脂肪が溜まっている状態のメタボリックシンドロームになっている人は、糖尿病と診断されたことがなくても血糖値が高い人が多く、重度の糖尿病の人と同じように突然、心筋梗塞などを引き起こす可能性があります。

また、高血圧や高脂血症といったメタボリックシンドロームと関係の深い生活習慣病を併発させる可能性が高いため、糖尿病になっていなくても、高血圧気味でメタボシックシンドロームの人や、高脂血症っぽい人でメタボリックシンドロームの人は糖尿病の予防を心がけましょう。

血糖値

インスリンの立体構造モデルメタボリックシンドロームと診断された人の中には、健康診断や今までの検査で糖尿病の診断をされたことがない人も多いのではないでしょうか。メタボリックシンドロームと診断される場合、糖尿病はもちろんのこと、高血圧や高脂血症のような生活習慣病とは診断されたことのない人もいます。

中でもこの糖尿病は、血液中の血糖値の値が通常より高い状態になっていることをいいます。通常血液中にある「インスリン」という血糖値を調整する物質が血液中の血糖値が上がり過ぎないように働いています。しかし、メタボリックシンドロームのように肥満状態になっている内臓脂肪からは、高血糖とも関係しているインスリンの働きを悪くする悪玉物質が出てきているのです。

そのため、この悪玉物質の働きによって血血液中のインスリン濃度は高くなってしまい、インスリン濃度を下げようとして血液は水分を増やします。血液の量が増えてしまうと、心臓はより強い力で血液を流さなければいけなくなり、血圧はどんどん上がってしまいます。


メタボリックシンドロームと糖尿病の予防と対策

糖尿病の症状と自覚症状

糖尿病の症状と自覚症状糖尿病は、ある程度進行した状態にならないと自分で気づくほどの自覚症状は現れない場合がほとんどです。

また、進行した糖尿病の自覚症状も、体重が減少する、のどが常に渇いた感じがする、トイレに行く回数が増える、一回の尿の量が増える、体力が落ちるなどといったものが多く、突然体に大きな異常を感じるものではありません。

中には手足がしびれる、めまいがする、などといった症状が現れることもありますが、こういった症状が現れる場合のほとんどが、かなり重度に進行した糖尿病です。また、メタボリックシンドロームの人は、糖尿病とは言い切れないが血糖値やインスリンの値が糖尿病の基準に近い「グレーゾーン」になっています。

そのため、体に糖尿病の症状が表れることがないまま、網膜症や内臓に関係する他の合併症を引き起こす可能性があるため、メタボリックシンドロームの疑いがある人、もしくは糖尿病の疑いがある人は、自覚症状がなくても早めの対策をとることが大切です。

メタボ予備軍はメタボ予備軍?

メタボリックシンドロームと診断されたことがある人の血糖値を見てみると、ぎりぎりで正常範囲に入っているか「予備軍」と呼ばれるグレーゾーンの値になっていることが多くあります。正常真血糖値は、空腹時で110mg/dl食後2時間経過時点での血糖値が140mg/dlの間になります。

糖尿病と診断される場合はこの血糖値が200mg/dl以上になっているのですが、140mg/dlから200mg/dlの間の人を「糖尿病予備軍」と呼んでいます。中性脂肪肥満の人がメタボリックシンドロームと判断される場合の多くは血糖値がこのグレーゾーンになっていることあるため、糖尿病の合併症を引き起こす危険は少ないと誤解してしまうことが多いようです。

しかし、メタボリックシンドロームの場合、糖尿病の合併症を引き起こす役割をたくさん持っている状態といえます。糖尿病でもメタボリックシンドロームでも早期の予防と対策をするためには、生活習慣を見直し中性脂肪コレステロール(血清脂質)の割合を自分でコントロールするようにしてください。

Page Top

Copyright 2011 メタボガイド All rights reserved.