リンク サイトマップ
高脂血症

高脂血症

「高脂血症(こうしけっしょう)」と言う言葉は、メタボリックシンドロームという言葉と共に最近よく聞かれるようになりました。「高血圧」や「高コレステロール」は以外と耳にする機会が多いのですが、この「高脂血症」聞いたことはあるけれど、どんなものなのかよくわからない……と言う人も多いはず。実は、「高脂血症」メタボリックシンドロームとも大変関わりがあり、重なってしまうと危険な生活習慣病や成人病の引き金にもなることのある症状なんです。メタボリックシンドロームと共にしっかり予防するためにも、どんな特徴があるのかをしっかり把握しておきましょう。

目次

高脂血症とメタボの関係

高脂血症とは

コレステロールの分子模型「高脂血症(こうしけっしょう)」は、血液の中に溶け込んで全身をめぐっているコレステロールや中性脂肪の割合が、正常な状態に比べてかなり多くなってしまっている状態のことです。コレステロールや中性脂肪は、メタボリックシンドロームの大きな原因の一つ「内臓脂肪」に溜まっていく脂質もあります。

この脂質が血液中に過剰にあると血液は、ドロドロとした粘度で流れにくくなっています。そのため、高血圧になりやすく動脈硬化も引きこしやすいという状態になっています。

高脂血症のタイプとメタボ

「高脂血症」には「高中性脂肪血症」と「高コレステロール血症」などいくつかの種類があります。特に代表的なのがこの2種類ですが、体への影響や予防、対策などの方法がかなり違ってきます。また、血液中の総コレステロール値や善玉コレステロールの割合などから、「高脂血症」かどうかが判断されます。

この判断基準の中で、HDLDと呼ばれる善玉コレステロールの割合が少ないタイプの「高脂血症」や中性脂肪を運ぶ役割をしている種類のたんぱく質の割合が多いタイプの「高脂血症」は、「内臓脂肪型肥満」である場合が多くメタボリックシンドロームと重なると特に危険なタイプの高脂血症であるといえます。

高脂血症の原因

高脂血症の原因「高脂血症」は、摂取する脂質や糖分の量が自分の体に適した量を上回って取り続けることでおこります。これは、欧米型の食生活になってきたことが大きな原因になっていると考えられます。

特に、洋菓子やジュースなどの甘いものが好きで間食を良くする人、刺しの入った肉や脂肪分の高い肉料理を好んで食べている人、習慣的におさけをたくさん飲んでいる人、毎日の食事時間や食べる量が不規則で手軽に食べられるインスタント食品やスナック系の食べ物を食べることが多い人は、「高脂血症」になりやすいタイプといえます。


高中性脂肪血症とメタボって?

高中性脂肪血症とは

「高脂血症」の2つの種類のうち、メタボリックシンドロームと関連して危険度が高い状態になる可能性があるのがこの「高中性脂肪症」です。これは、血液中の中性脂肪が特に多い状態になっている高中性脂肪血症です。

実は中性脂肪は、血液をドロドロの状態にしてメタボリックシンドロームとあわせて動脈硬化を促進するだけではなく、分解されて善玉や悪玉コレステロールに変化します。しかし、高中性脂肪血症の場合悪玉コレステロールの割合が多く善玉コレステロールの数は少なくなってしまっているのです。

高中性脂肪血症になったら…

通常、中性脂肪はリポ蛋白というたんぱく質に溶け込んだ状態で血液中に入っています。しかし、中性脂肪を過剰に含んだリポ蛋白は、血管から色々な臓器に吸収されるときに分解されて悪玉コレステロールになってしまいます。

さらに高中性脂肪血症の人の悪玉コレステロールは、通常の大きさよりかなり小さいサイズになっています。そのため肝臓などの臓器に吸収されやすく悪影響を及ぼします。このようなことから小さな悪玉コレステロールは「超悪玉コレステロール」とも呼ばれています。

また、メタボリックシンドロームで高中性脂肪血症の場合、内臓脂肪にも中性脂肪が溜まった状態になっているため、動脈硬化に加えて脂肪間などの合併症を引き起こす危険がかなり高くなります。


高コレステロール血症とメタボって?

高コレステロール血症とは

高コレステロール血症は、血液中の総コレステロール値の割合が高くなっている状態のことを言います。高中性脂肪症の場合とは少し違い、判定基準は善玉コレステロールと悪玉コレステロールをあわせた全てのコレステロール値が高くなっていることで判断します。

そのため、全体的なコレステロール値が高くドロドロ血液になっていても善玉コレステロールの数がそれなりにある場合、合併症の危険は高中性脂肪血症ほど高くないともいえます。しかし、コレステロールが高いということは、メタボリックシンドロームと重なることで内臓脂肪の中性脂肪が悪影響を及ぼしてしまいます。

高コレステロール血症になったら…

高コレステロール血症には、「家族性高コレステロール血症」というタイプがあります。これは、遺伝や先天性の要因が関係しているため自分で高コレステロール血症であることがわかっています。しかし、メタボリックシンドロームやメタボリックシンドローム予備軍のような人の場合、高コレステロール血症になっていても自覚症状はほとんどありません。

Page Top

Copyright 2011 メタボガイド All rights reserved.