リンク サイトマップ
メタボを防ぐ生活習慣

メタボを防ぐ生活習慣

メタボリックシンドロームに限らず、生活習慣を見直すと言うことはとても大切なことです。不規則な生活はどこかしらに変調をきたします。疲れやすくもなるでしょう。体の基礎を整えるということは、生活習慣を整えるということでもあります。どんどん夜型へと変化している大人の生活習慣、外食がちな生活習慣、様々な乱れた生活習慣がある中で、これらを見直すことこそ健康への第一歩なのです。

目次

生活リズム

規則正しいリズムを!

規則正しいリズムを!最近では男女、年齢に関係なく仕事を持って働いている人が多いですね。朝ギリギリまで寝ていて、慌ただしく出勤の準備をし、満員電車に揺られて出勤。そんな毎日を送ってはいませんか?

朝は少し時間に余裕を持って起床して、毎日きちんと3食とるよう心がけましょう。お昼もできればお弁当を持参するのが望ましいですが、中が全部冷凍食品ではあまり理想的なお弁当とは言えません。

仕事の関係で残業やつきあいもありますが、できるだけ毎日決まった時間に退社するようにし、晩ご飯も食べ過ぎないようにしましょう。帰宅してからパソコンをいじって夜中まで起きているようなことはしていませんか? 翌朝起きるのが辛くなってしまいますので、早めに入浴して眠るようにしましょう。

体内時計

体内時計人間には体内時計があり、本来だと夜になると眠くなり、朝になると起きるようにできています。それを無視して夜更かしして、眠い目をこすりながら出勤準備では、体内時計も狂ってしまい、体調に支障がでるのも当然でしょう。

仕事にも支障がでるかもしれません。生活のリズムを規則正しくするだけで、その日の疲れは一晩眠ればとれるようになりますし、体も軽くなっていくでしょう。暴飲暴食もしなくなるでしょうし、体の調子もよくなってくるはずです。


家事の工夫

家事の時間は運動時間

家事の時間は運動時間家庭の主婦の場合は、家に小さい子がいる場合などは運動に時間をさくことができないものです。しかし、毎日の家事は必ずするものですので、この時間を一工夫して運動の時間にしてしまいましょう。

エネルギーをうまく消費するにはこまめに動くことです。掃除や洗濯を一度にせずに、こまめにするようにしましょう。洗った洗濯物を干すときも、カゴに入れて一度に運ばずに、何回かに分けて干し、洗濯機と物干し場を何回か往復するつもりで干しましょう。

育児の時間を利用する

育児時間も立派な運動時間になります。子供を抱いたまま膝を曲げ伸ばししてみたり、ゆっくり高い高いをしてあやしたりしましょう。

買い物での工夫

買い物にいくときは車や自転車は使わずに、なるべく徒歩で行くようにしましょう。買い物カートを使うと、カートに寄りかかるようにして歩いてしまうので、できればカゴは手に持って買い物します。エスカレーターやエレベーターは使わずに、階段を利用しましょう。


休日の過ごし方

ゴロゴロしない

ゴロゴロしない仕事が休みの日はついついゴロゴロしてしまいがちです。せっかくの休みなのですからゴロゴロするのもいいのですが、1日中ゴロゴロしていてはいけません。

ソファに寝ころんでテレビを見たり、1日中パソコンでインターネットを楽しむのも考え物です。テレビをみるときは、きちんと腰かけてみましょう。うたた寝もなくなります。ガーデニングをしたり日曜大工をしたり、窓の掃除をするだけでもかなりの運動になります。


こんなことしていませんか?

メタボチェックリスト

・朝ご飯を食べなかったり、晩ご飯が遅いなど、不規則な食事をしている。
・分かっていても食べ過ぎてしまう。
・運動など体を動かすことが大嫌いでほとんど運動していない。
・いつも肉ばかり食べて野菜が不足しているなどのアンバランスな食事をしている。
・飲み物やお菓子は甘いものが好き。
・体重が徐々に増えている。
・仕事の帰りが遅い事が多い。
・おが大好きで度を超して飲むことが多い。
・喫煙者である。
・家族に生活習慣病(糖尿病や高血圧)の人がいる。


※判定……該当する数で判定
0〜1 危険度少なめ
2〜5 危険度中位
6〜10 危険! 一度健康診断を受けましょう!

Page Top

Copyright 2011 メタボガイド All rights reserved.