リンク サイトマップ
食事Q&A

食事Q&A

脱メタボリックシンドロームや肥満の予防、ダイエットなどに食事が重要な鍵を握っていることはわかりますが、いざやってみると意外とわからないことがいっぱいあります。メタボリックシンドローム対策としての食生活の改善を上手に行っていく中で疑問に思ったことや、こんなときはどうしたらいいんだろう? という時の対処方法を知っておくと、よりメタボ食とも上手に付き合えますよね。不安や疑問なく楽しくメタボリックシンドロームの解消をしていきましょう!

目次

これは食べてもいい?

炭水化物を食べなければ肥満は解消される?

炭水化物を食べなければ肥満は解消される?答えはNOです。ご飯やパン、麺類などは炭水化物で出来ているため体内に入ると糖質として吸収されます。メタボリックシンドローム対策やダイエットの一つとして炭水化物抜きダイエットというものもありましたが、炭水化物を抜くと蓄えられていた脂肪のエネルギーを使って体を動かすので体重は減ります。

しかし、体重が落ちた後にまた炭水化物を食べると、エネルギー源が入ってこないことになれた体は急いで蓄えておこうとします。

炭水化物と他の食材をバランスよく食べることで、炭水化物がエネルギーを燃焼させるきっかけを作って他の食材の栄養や脂肪も燃焼しやすくなります。

しかし、炭水化物の量が多すぎると体が使いきれない分は、脂肪としてたくわえられてしまいます。メタボの悪循環にならないように、少量ずつバランスよく食べるようにしましょう。

野菜や果物はいくら食べてもいいの?

野菜や果物はいくら食べてもいいの?答えはNOです。ジャガイモやサツマイモなどメタボの人はちょっと減らしたい炭水化物を多く含んでいるものやトウモロコシなど糖質を多く含んでいるものもあります。

また、果物の多くは果糖という糖質を多く含んでいますが、この果糖は炭水化物より脂肪として吸収、蓄積されやすい性質を持っています。さらにアボカドのように脂質を多く含むくだものもありますので、いくら食べても大丈夫というわけではありません。

野菜や果物にはビタミンやカルシウムをたくさん含んでいるものもあり、メタボには欠かせない食材といえます。野菜や果物の特徴を知って上手に使いましょう。

メタボにおススメの調理方法がある?

メタボにおススメの調理方法がある?あります! メタボリックシンドロームの人には、脂質や糖質を抑えた食事が好ましいのですが、一般的な調理方法で作る料理には気づかないうちに意外と油が使われていることが多くあります。カレーやシチューなどの煮込み料理や肉じゃがなどにも、よく見ると油が使われていますよね。

メタボ対策として調理する場合、油を使うところを「茹でる」「蒸す」などの調理方法に変えて作ると脂質が少ないメタボ食を作ることが出来ます。

また、メタボリックシンドロームの人やダイエットにおススメなのが電子レンジの活用です。電子レンジを上手に活用することで、脂質を減らした色々な料理を作ることが出来ます。


こんなときどうする?

メタボの人が外食する時は……?

メタボの人が外食する時は……?メタボリックシンドロームだからといって外食は出来ないというわけではありません。確かに外食するとししつや糖質、塩分などが多く含まれた食事になってしまいやすいので、メタボ対策としてはできるだけ外食は少なくすることがポイントです。

しかし、職種によってはお弁当を持っていくのは無理な場合もありますので、外食する時にはカロリー表示がしてある店を選ぶようにしましょう。

また、ラーメンやチャーハン、パスタ、丼物など炭水化物が多くなりやすいのでご飯や面の量を少なく注文するのもポイントです。店に入ったらコップ一杯のお茶や水を飲んでからメニューを見るようにすると、注文しすぎることも少なくなります。また、食べ終わったら満腹感を感じるまでに時間がかかる場合があります。そういうときにもデザートを頼む前にまたコップ一杯の水やお茶を飲むのがおススメですよ。

コンビニで買うときは……?

コンビニで買うときは……?メタボの人がコンビニでお弁当やおにぎり、サンドウィッチを買うときに気をつけたいのが、使われているドレッシングや調味料です。お弁当のおかずに使われている調味料は比較的塩分や糖質、脂質が多く含まれています。

また、一見ヘルシーそうに見える野菜のサンドウィッチなどにもバターやマーガリン、マヨネーズといったメタボリックシンドロームの場合に避けたい調味料が使われています。コンビニでお弁当類を購入するときには、どんなものが使われているかについても見ておくのがポイントです。

食事に誘われたら……?

食事に誘われたら……?会社の飲み会や上司や後輩からの食事の誘いは、メタボの人にとって難しい場面といえるかもしれません。断りにくい場合でも、相手に上手に自分がメタボであることを伝えると、コミュニュケーションもとれますし、メタボリックシンドロームの解消をじっくり続けていくための良い気分転換にもなります。

自分がメタボリックシンドロームであることを相手の気分をこわさずに伝えるためには、「医者に止められているので」というような感じで伝えるのがオススメです。また、誘われたときのために、あらかじめメニューがわかるような店をいくつか調べておくのも良いでしょう。結婚式やパーティーなどの時には、お店の人や係りの人にメタボリックシンドロームであることを伝えておくと良いでしょう。

Page Top

Copyright 2011 メタボガイド All rights reserved.