リンク サイトマップ
流行のダイエット

流行のダイエット

メタボリックシンドロームの人は生活習慣の見直しや肥満の改善をするために、多くの人がダイエットをするのではないでしょうか。最近はメタボリック症候群の人以外でも若い女性を中心としたダイエットブームです。しかし、自己流のダイエット方法や流行のダイエット食品を使ったダイエット方法には、メタボリックシンドロームにつながる原因を作っている可能性もあるのです。メタボリックシンドロームや肥満予防の対策に欠かせないダイエットは、体に悪影響が出ないように正しい知識を持ってはじめることが大切です。

目次

ダイエットとメタボリック症候群

メタボに適したダイエット食

メタボに適したダイエット食メタボリック症候群の予防や対策としてダイエットをする時には、体脂肪の種類と特徴について理解しておく必要があります。メタボリック症候群の場合、内臓に脂肪が溜まる「内臓脂肪型肥満」であることが特徴です。

この内臓脂肪型肥満は、内臓周辺の脂肪細胞に中性脂肪が溜まっている状態の肥満で、血液中のコレステロール値が高くなっていたり血圧が上がっているといった生活習慣病の要素もあわせもっています。しかし、内臓脂肪は、血管や血液と深く関わっているため、ダイエットをすれば比較的簡単に落とすことが出来るタイプの脂肪なのです。

食事の取り方次第でも短期間に簡単に減らすことも可能な内臓脂肪ですが、簡単に体重が減ったとしてもメタボリック症候群のポイントともいえる生活主観病や合併症の改善には長期間の対策が必要になってきます。自分で塩分やカロリーを考えたメニューで食事を作ることや食べたものを一回一回記録するなどして、食生活を見直していくことがおすすめです。

ダイエットの失敗がメタボにつながる?

ダイエットの失敗がメタボにつながる?メタボリック症候群でも特に初期の場合は、市販のダイエット食費などを使って食事の量を減らすだけで、意外と簡単に体重を減らすことが出来る場合もあります。しかし、体重や脂肪率が一度簡単に下がってしまい、そこでまたもとの生活習慣に戻ってしまうケースも多く見られます。

これは、また体重が増えたとしても簡単にダイエットできる、と思ってしまうからです。これは肥満の改善や予防が目的で始めたダイエットがかえって、メタボリックシンドロームの改善どころかメタボや生活習慣病の症状を悪化させてしまう悪循環をつくることになってしまいます。

また、こういったリバウンドとダイエットを続けることは、初めより筋肉や骨などの体に必要な要素を減らし、脂肪だけを増やしてしまうことになります。これは、メタボリック症候群になっていない人でも、メタボリックシンドロームになる原因になります。


メタボ対策のダイエットと食事

外食

外食ダイエット中の外食について悩んだことがある人も多いと思います。これは、メタボリックシンドローム対策のためのダイエットをしている人以外でも、ダイエットをしている人すべてに当てはまることかもしれません。

仕事の合間に昼食を取らなければいけないことや、仕事が忙しく自炊する時間がなかなか作れないという人の食事は外食が多くなりがちです。最近はダイエットブームや和食ブームのため店で作られた食事にも、脂質やカロリーが低めに設定してあるものも増えています。

しかし、メタボリックシンドロームの人が外食で気をつけたいのは、食べる量と塩分です。忙しいときの外食では、短時間で食べられる牛丼やカレーなどの一品料理やファーストフードを利用する場合も多いようですが、こういった外食は出来るだけ避け、品数の多い薄味の和食を選ぶのがダイエット中の外食をするときのポイントです。また、コンビニでおにぎりや惣菜などを選ぶときも塩分が少ないものを選ぶことでダイエットと共に生活習慣病の予防をするように心がけましょう。

流行のダイエット食品

流行のダイエット食品ダイエットブームということもありますが、通販や店頭などでも様々なダイエット食品を目にすることが出来ます。

中には、メタボリック症候群の予防や、肥満防止などの効果が書かれたものもありますが、こういったダイエット食品を利用するときには短期間で簡単に脂肪が減らせる、もしくは体重が減らせるといったものに安易に飛びつかないようにしましょう。また、流行りのダイエットの中には、一つの食品だけをとり続けるというものもあります。

メタボリックシンドロームに限りませんが、ダイエットは長期間で生活習慣や体のバランスを整えていくことが成功の秘訣になります。簡単で短期間に痩せることが出来るダイエット食品には、一回の食事をダイエット食品に置き換えるタイプのものや、食べる量を減らす目的のものが多く見られます。

食べる量やカロリーを減らせば体重は簡単に落ちるかもしれませんが、すぐにリバウンドしてさらに中性脂肪を増やしてしまう可能性があります。

Page Top

Copyright 2011 メタボガイド All rights reserved.