リンク サイトマップ
メタボリックシンドロームの基礎知識

メタボリックシンドロームの基礎知識

メタボリックシンドローム、メタボリック症候群、最近よく耳にする言葉ですが、ただ単に太っているからとメタボだと、冗談で言い合っているサラリーマンやOLを見かけます。しかし、様々な生活習慣病を引き起こす原因にもなりますので、楽観視してはいられません。もちろん肥満もメタボリックシンドロームの原因の一つですが、ただの肥満ではなく、内蔵型肥満で起こるということを知識として知っておきましょう。

目次

メタボリックシンドロームを知ろう

どんな意味を持つ名前なのか

メタボリックは最近急激に知られてきた言葉ですが、これまでは「内臓脂肪症候群」と呼ばれていたものです。

代謝のことをメタボリックといい、体内の様々な物質が変化すると共に、エネルギーが消費されることをいいます。症候群のことをシンドロームといい、同じような症状が集まったものをこう呼びます。

どんな場合をメタボと呼ぶ?

どんな場合をメタボと呼ぶ?メタボリックシンドロームの特徴は、糖尿病や高脂血症などの生活習慣病だけに留まらず、ウエスト周りに脂肪がたまっていくことに着目したものです。

病気ではありませんが、内臓脂肪型肥満と、高血圧や糖尿病、脂質異常のうちのどれか2つ以上が当てはまる状態のことをメタボリックシンドロームといいます。

こうしたことが重なることで、動脈硬化を誘引し、心臓疾患や脳卒中など、命に関わる危険性のある病気になる可能性が高まるのです。こうしたことから、急激にメタボシックシンドロームが注目されるようになりました。

Page Top

代謝異常

様々な代謝異常

代謝という意味に、症候群という名前がついているように、メタボリックシンドロームは代謝に異常が起きている状態です。内臓脂肪がたまることにより引き起こされる、インスリンの働きを悪くしてしまう糖尿病は糖代謝の異常ですし、中性脂肪血症は脂質の代謝異常になります。

Page Top

健康診断を受けよう

健康診断でわかるメタボ

健康診断でわかるメタボメタボリックシンドロームは内臓脂肪の有無や、高血圧、糖尿病などの生活習慣病と併発します。健康診断で行うCT検査での画像を見ると、皮下脂肪、内臓脂肪が確認できますので、自分がどのタイプの脂肪太りかわかるはずです。

更に血液検査だけで、中性脂肪や血糖値なども分かりますので、1年に1度は健康診断を受けることをオススメします。申し込むときには、健診内容の確認をしましょう。自分が目的としている検査が含まれていなければ、別料金で健診の項目の中に入れてもらえる病院がほとんどです。

Page Top

Copyright 2011 メタボガイド All rights reserved.