メタボGUIDE

メタボリックシンドロームを知ろう

どんな意味を持つ名前なのか

メタボリックは最近急激に知られてきた言葉ですが、これまでは「内臓脂肪症候群」と呼ばれていたものです。
代謝のことをメタボリックといい、体内の様々な物質が変化すると共に、エネルギーが消費されることをいいます。
症候群のことをシンドロームといい、同じような症状が集まったものをこう呼びます。

どんな場合をメタボと呼ぶ?

メタボ君

メタボリックシンドロームの特徴は、糖尿病や高脂血症などの生活習慣病だけに留まらず、ウエスト周りに脂肪がたまっていくことに着目したものです。
病気ではありませんが、内臓脂肪型肥満と、高血圧や糖尿病、脂質異常のうちのどれか2つ以上が当てはまる状態のことをメタボリックシンドロームといいます。
こうしたことが重なることで、動脈硬化を誘引し、心臓疾患や脳卒中など、命に関わる危険性のある病気になる可能性が高まるのです。
こうしたことから、急激にメタボが注目されるようになりました。

このカテゴリのページ

メタボリックシンドロームを知ろう
メタボリックシンドロームの原因
内臓脂肪型肥満
代謝異常

メタボの基礎知識に戻る

メタボ

[PR]
赤ちゃん 夢占い 心理テスト
占い 心霊