メタボGUIDE

体脂肪気になりますか?

体脂肪の働き

一般的な成人の場合、人間の体の20〜30%は脂肪が占めています。
体の中にある脂肪のことをまとめて「体脂肪」と呼ばれているもので、皮膚の下や内臓のまわり、内臓の中などに溜まります。
脂肪は余ったエネルギーを蓄え、体を温めたりクッションの役割をしたりエネルギー源としても大切な役割を持っています。
しかし、通常の割合の体脂肪の場合の脂肪細胞と、メタボリックシンドロームになっている人のような肥満状態になっている脂肪細胞では、分泌する物質の量や働き方に違いがあることがわかりました。
中でも肥満状態になっている体脂肪の脂肪細胞は、メタボリックシンドロームの原因を作り生活習慣病を引き起こす物質を多く出していることがわかっています。

体脂肪の種類

体脂肪には、大きく分けて2つの種類があります。
内臓の周りに付く「内臓脂肪」と皮膚のすぐ下に付く「皮下脂肪」です。「内臓脂肪」はメタボリックシンドロームの原因の一つになっていることでも多くの人に知られるようになってきました。
ここで、もう一種類「中性脂肪」があるんじゃないの?と思う人もいるかもしれませんね。
実は、中性脂肪は体の中のある部分にとどまっているものではなく、血液中や脂肪細胞の中を移動して脂肪細胞の中に蓄積していく脂肪分なので体脂肪とは別として考えられています。
体脂肪を作っているもとの一つが「中性脂肪」と考えるとわかりやすいと思います。
コレステロールも脂肪の一種として考えられがちですが、中性脂肪と同じく体脂肪を作っている要素のひとつとして考えるといいかもしれません。

このカテゴリのページ

肥満と脂肪
体脂肪気になりますか?
内臓脂肪と肥満のタイプ
皮下脂肪と肥満のタイプ
中性脂肪

メタボの基礎知識に戻る

メタボ

[PR]
赤ちゃん 夢占い 心理テスト
占い 心霊