メタボGUIDE

中性脂肪

中性脂肪とは

体脂肪を作っている脂肪細胞の中に溜まっているのが「中性脂肪」と呼ばれるものです。
この「中性脂肪」はコレステロールと一緒に血液の中に溶け込んで体全体を駆け巡っていて、脂肪細胞をつくったり必要なエネルギー源として活躍したりしています。
その他にも脂肪細胞に溜まった中性脂肪からは、血管をキレイに掃除したり修復して機能を正常に保つ働きをしている善玉生理活性物質と血圧を上げたり血糖値を挙げる働きのある悪玉生理活性物質が分泌されています。

生理活性物質

体脂肪の中の「中性脂肪」からは分泌される生理活性物質は、100種類以上あるといわれています。
なかでも善玉のアクティボネクチンと悪玉のPAI-1、TNF-α、アンジオテンシノーゲンはメタボリックシンドロームや生活習慣病に大きく影響がある物質です。
善玉と悪玉のバランスは、正常な脂肪細胞からはバランスよく分泌されていますが肥満状態になっている脂肪細胞からは悪玉が多く善玉が減った状態で分泌されています。
しかも、この整理活性物質は血液や血管に作用するものが多いため、ほとんどが血管と関係の深い内臓脂肪から分泌されているのです。

このカテゴリのページ

肥満と脂肪
体脂肪気になりますか?
内臓脂肪と肥満のタイプ
皮下脂肪と肥満のタイプ
中性脂肪

メタボの基礎知識に戻る

メタボ

[PR]
赤ちゃん 夢占い 心理テスト
占い 心霊