メタボGUIDE

ストレスとの関係

ストレスと中性脂肪

実は、メタボリックシンドロームとストレスが直接関わっている状態にあることはあまり知られていないかもしれません。
以前からストレスが人体のホルモンバランスに影響を与えることは多くの人に知られていると思います。
この、過剰なストレスによるホルモンバランスの崩れによって、脂肪細胞に蓄えられていた中性脂肪は一度分解されて血液中に溶け出していきます。
溶け出した中性脂肪の分解物質によって血液中のコレステロール値や脂質の割合は増えることになります。
さらに、ストレスによって溶け出した中性脂肪はほとんどの場合、エネルギーとして使われることはなく、肝臓などに吸収されまた血液中に溶け出していきます。
そのため、ますます血液中のコレステロール濃度が高くなり、血液はドロドロの状態になってしまうため高血圧などの原因となってしまいます。
メタボリックシンドロームと深い関係のある中性脂肪を増加させてしまうことになります。

ストレスが招くメタボと生活習慣病

私たちが普段ストレスとして感じているのは、精神的や肉体的に外部から受ける刺激に対する防衛本能の作用です。
適度なストレスは体にも精神的にも良い刺激になることがありますが、自分の体や精神の許容範囲異常のストレスを感じることで、自律神経とそこから分泌されるホルモンのバランスが崩れてしまいます。
特に現代社会では精神的なストレスを受けることが多く、崩れた状態のホルモンバランスでは血液中のコレステロール値や中性脂肪、血圧を上手くコントロールすることが出来なくなってしまいます。
また、精神的なストレスは、消化器の働きを悪くしてしまうことも多いのですが、ストレスを感じたとき食べることでストレスを発散する人が多く、さらに血液中の脂質や糖質の割合が増えてしまうことに繋がります。
こういった悪循環はメタボリックシンドロームの大きな要因である中性脂肪を増加させるだけでなく、メタボリックシンドロームの要因である高血圧や高脂血症などといった生活習慣病にもなりやすい状態になってしまいます。

ストレスとメタボの原因になるもの

嗜好品の愛用者はメタボリックシンドロームにつながるストレス要因を非常に抱えているといえます。
血管を収縮させる作用があるため、血圧が上がり心疾患につながる危険性を持っています。
また、血液中の悪玉コレステロールの割合を増やし、善玉コレステロールの割合を減らしてしまう作用があるため、動脈硬化の進行を早めたり、中性脂肪を増やしてメタボリックシンドロームの様々な症状を重大なものにしてしまいます。
嗜好品によってストレスを発散しているつもりでも、体には大きなストレスと生活習慣病の危険を増やしていることになりますよね。

このカテゴリのページ

ストレスとメタボ
ストレスとの関係
ストレス度チェック

メタボの基礎知識に戻る

メタボ

[PR]
赤ちゃん 夢占い 心理テスト
占い 心霊