メタボGUIDE

生活習慣病との関係

内蔵脂肪型肥満

内蔵脂肪型肥満

肥満が様々な生活習慣病に深く関係していることは、多くの人が知っていると思います。
肥満が引き起こす様々な生活習慣病については、内臓脂肪と生活習慣病の関係や予防、対策などが世界中で研究されています。メタボリックシンドロームの場合、内臓脂肪型肥満と呼ばれていることからもわかるように、内蔵に中性脂肪が溜まっている状態になっています。
中性脂肪が内蔵付近に溜まることによって血液中にインスリンの働きを妨げる物質や血管のコレステロールや脂質の割合を増やし血液が流れにくくなったり詰まりやすくなるという現象が起きてきます。
中性脂肪が内蔵付近に溜まることで、血管をとおして様々な影響を与えていることは、以前から知られていましたが、メタボリックシンドロームの人の中性脂肪は、一般の人の中性脂肪より血管内に入りやすい超悪玉物質を作り出してしまうことがわかっています。
この超悪玉物質が作られてしまうと、それまで生活習慣病と診断されたことがない人でも、一気に複数の生活習慣病やそれに伴う合併症を引き起こしてしまう可能性があります。

体内での変化

メタボリックシンドロームになっている状態の体内では中性脂肪の割合が大変多くなっています。
中性脂肪は血液によって運ばれている脂質なので血管からの影響を受けやすい内臓付近に溜まりやすいという特徴があります。この中性脂肪が通常より多く内蔵付近意溜まってしまうと中性脂肪からでる様々な物質も、内臓に数多くある血管に溶け込みやすくなります。
このため、メタボリックシンドロームの人の血管内では、血糖値が上がることによって血圧も高くなりがちで、インスリン妨害物質も多く含まれるようになってきます。
血管内の総コレステロール値が高くなっている場合もありますが、血液中のコレステロールの中でも悪玉コレステロールや超悪玉コレステロールの割合が非常に高くなり、その影響で体にとって良い働きをするコレステロールの割合が減ってしまうという悪循環が起こってきます。

このカテゴリのページ

生活習慣病との関係
メタボが引き起こす生活習慣病

生活習慣病TOP

メタボ

[PR]
赤ちゃん 夢占い 心理テスト
占い 心霊