メタボGUIDE

肥満と高血圧

高血圧とは

高血圧とは

血液が体の中を隅々までめぐっているのは、心臓がポンプとなって血液を送り出しているからです。
血液が送り出される時の圧力のことを「血圧」といいますが、健康的な体の血液はさらさらと流れやすく、心臓に負担をかけることのない程度の血圧で血液が送り出されています。
しかし、メタボリックシンドロームの人や肥満の人の血液は、血液中の中性脂肪が多くなっていたりコレステロール値が高くなっていたりして、少し粘度のあるドロドロした状態になっています。
これを送り出すために心臓は強い圧力をかけて血液を送り出そうとしますから、血圧が高くなってしまいます。
このように、高血圧は心臓に負担をかけている状態になっているのですが、すぐに体に影響が出るわけではないため自覚症状もなく、メタボリックシンドロームや高血圧症、動脈硬化を進行させてしまうケースも多くあります。

肥満・高血圧・メタボの関係

肥満の人の血圧が高めであったり、高血圧の人が肥満になりやすいということを知っていますか?
この肥満と高血圧の関係には、メタボリックシンドロームの人や予備軍たちの内臓脂肪から分泌されている悪玉生理活性物質が大きく関係しています。
「レプチン」や「アンジオテンシノーゲン」という血圧を上げる働きを持つ物質は、メタボリックシンドロームの鍵ともなっている内蔵脂肪から分泌されています。
血圧が高くなると血液が血管の壁に強くぶつかるため血管に細かいキズがつきやすくなります。
このキズを修復する働きがある善玉物質も内臓脂肪から分泌されているのですが、メタボリックシンドロームのように肥満状態になっている内臓脂肪からは善玉物質があまり分泌されなくなっています。
また、高血圧症ほど血圧は高くなくても、肥満状態の脂肪から分泌される悪玉物質との相乗効果によって合併症を引き起こす可能性が高くなるのが、メタボリックシンドロームと肥満、高血圧の怖い関係なのです。

このカテゴリのページ

高血圧
肥満と高血圧
高血圧の症状

生活習慣病TOP

メタボ

[PR]
赤ちゃん 夢占い 心理テスト
占い 心霊