メタボGUIDE

高中性脂肪血症について

高中性脂肪血症とは

「高脂血症」の2つの種類のうち、メタボリックシンドロームと関連して危険度が高い状態になる可能性があるのがこの「高中性脂肪症」です。
これは、血液中の中性脂肪が特に多い状態になっている高中性脂肪血症です。
実は中性脂肪は、血液をドロドロの状態にしてメタボリックシンドロームとあわせて動脈硬化を促進するだけではなく、分解されて善玉や悪玉コレステロールに変化します。
しかし、高中性脂肪血症の場合悪玉コレステロールの割合が多く善玉コレステロールの数は少なくなってしまっているのです。

高中性脂肪血症になったら…

通常、中性脂肪はリポ蛋白というたんぱく質に溶け込んだ状態で血液中に入っています。
しかし、中性脂肪を過剰に含んだリポ蛋白は、血管から色々な臓器に吸収されるときに分解されて悪玉コレステロールになってしまいます。
さらに高中性脂肪血症の人の悪玉コレステロールは、通常の大きさよりかなり小さいサイズになっています。
そのため肝臓などの臓器に吸収されやすく悪影響を及ぼします。
このようなことから小さな悪玉コレステロールは「超悪玉コレステロール」とも呼ばれています。
また、メタボリックシンドロームで高中性脂肪血症の場合、内臓脂肪にも中性脂肪が溜まった状態になっているため、動脈硬化に加えて脂肪間などの合併症を引き起こす危険がかなり高くなります。

このカテゴリのページ

高脂血症
高脂血症について
高中性脂肪血症について
高コレステロール血症について

生活習慣病TOP

メタボ

[PR]
赤ちゃん 夢占い 心理テスト
占い 心霊