メタボGUIDE

高コレステロール血症について

高コレステロール血症とは

高コレステロール血症は、血液中の総コレステロール値の割合が高くなっている状態のことを言います。
高中性脂肪症の場合とは少し違い、判定基準は善玉コレステロールと悪玉コレステロールをあわせた全てのコレステロール値が高くなっていることで判断します。
そのため、全体的なコレステロール値が高くドロドロ血液になっていても善玉コレステロールの数がそれなりにある場合、合併症の危険は高中性脂肪血症ほど高くないともいえます。
しかし、コレステロールが高いということは、メタボリックシンドロームと重なることで内臓脂肪の中性脂肪が悪影響を及ぼしてしまいます。

高コレステロール血症になったら…

高コレステロール血症には、「家族性高コレステロール血症」というタイプがあります。
これは、遺伝や先天性の要因が関係しているため自分で高コレステロール血症であることがわかっています。
しかし、メタボリックシンドロームやメタボリックシンドローム予備軍のような人の場合、高コレステロール血症になっていても自覚症状はほとんどありません。

このカテゴリのページ

高脂血症
高脂血症について
高中性脂肪血症について
高コレステロール血症について

生活習慣病TOP

メタボ

[PR]
赤ちゃん 夢占い 心理テスト
占い 心霊