メタボGUIDE

脳血栓について

脳血栓とは

脳血栓は脳にある大小さまざまな動脈が詰まってしまう上体のことです。
メタボリックシンドロームによる内臓脂肪からの分泌物や血圧、ドロドロ血などといった要因が動脈硬化を引き起こし、血管内の細くなって流れの悪くなったところに少しずつひっかるようにして血栓ができて最終的には血管をふさいでしまいます。

メタボリックシンドロームと危険因子

脳の奥にある血管が動脈硬化を起こし詰まってしまった状態は脳血栓タイプの「ラクナ梗塞(こうそく)」と呼ばれます。
高血圧が引き金になっていることが多く、メタボリックシンドロームで、血圧が高めの場合に起こりやすいと考えられます。
また、脳内の様々な動脈で動脈硬化が起こることによって詰まってしまう「アテローム血栓背性塞栓」は高脂血症や肥満が俯瞰関係しているといわれています。
程度が低い高脂血症でも、メタボリックシンドロームで内臓脂肪型肥満の場合、起こりやすいタイプの脳梗塞といえます。

このカテゴリのページ

脳梗塞
脳梗塞について
脳血栓について
脳塞栓について

生活習慣病TOP

メタボ

[PR]
赤ちゃん 夢占い 心理テスト
占い 心霊