メタボGUIDE

働く人の場合

社会人の場合

社会人の場合

働いている社会人にとって、年に1度の健康診断はメタボリックシンドロームの診断や、経過を知るいい機会になります。
内臓脂肪はCT検査をすればどのくらいついているか、血液検査では数値を知ることができます。
社会人になるとまわりとのつきあいもあり、外食やお酒を飲みに行く機会も多いと思います。
避けて通れない道ですので、自己管理が必要です。
「今日だけ」「今だけ」と、カロリーの多い食事や飲み物を摂っていると、毎回「今日だけ」「今だけ」になってしまいますので、きちんとした意思を持つことが肝心です。

自己管理

仕事をしている人や学生は、パソコンを使いこなせる人も多いでしょう。
体重の変化などをグラフで記録して管理することもできますね。
病院に行くときにプリントアウトして持参し、医師に報告することもでき、メタボリックシンドロームの改善への足がかりになるでしょう。
毎日の軽い運動を心がけ、スポーツジムに行くのもいいですし、全身運動にもなる水泳をやってみるのもメタボに限らず、体にとてもいいことです。

このカテゴリのページ

大人がメタボにかかったら
働く人の場合
学生の場合
お年寄りの場合

メタボの生活TOP

メタボ

[PR]
赤ちゃん 夢占い 心理テスト
占い 心霊