メタボGUIDE

食事とコレステロール

食品に含まれるコレステロール

食品に含まれるコレステロール

メタボリックシンドローム対策には、食事の際、中性脂肪を溜め込みにくい食事を取るようにすることが大切です。
体内で吸収されたり血管を通って運ばれるときに、中性脂肪はコレステロールに様々な影響を与えています。
また、メタボリックシンドロームやその予備軍の人は、普段の食生活や生活習慣の中でもコレステロールを知らず知らずのうちに多く取っている場合が多いようです。
コレステロールは脂質が多く含まれている食品にも含まれていますが、脂質があまり含まれていないように思えるいくらやすじこ、たらこといった卵類には、豚肉や牛肉の10倍近いコレステロールが含まれていることもあります。
また、レバーや、和食のメニューにもたびたび登場するシラスやシシャモにも意外と多くのコレステロールが含まれています。
最近は食品や食材のカロリーが表示されているものも多く見かけますが、コレステロールや塩分の表示にも注意してみるようにしましょう。

コレステロールを減らす工夫

すでにメタボリックシンドロームと診断されている人やメタボ予備軍の人は中性脂肪をかなり内臓周辺に溜め込んだ状態になっていると思いますが、コレステロールは中性脂肪と共に生活習慣病の引き金になる作用があります。
しかし、食品に含まれるコレステロールには、私たちの体に良い影響を与える善玉コレステロールやビタミン類が多く含まれています。
そのため、コレステロールをまったく取らないような食事をしてしまうとかえって体の健康バランスは崩れてしまいダイエットをしても効果が現れない、などといった状態になる場合もあります。
コレステロールを上手に減らすためには、毎日の食事の中でコレステロールの割合が高い食品は出来るだけ少なく、良質のたんぱく質やビタミンとコレステロールが一緒に入っている食材を選んで使うようにするのがポイントです。
一般的に、フォアグラやキャビアなどの高級食材や珍味などには、大変多くのコレステロールが含まれています。
メタボリックシンドロームや肥満でダイエットを心がけている人は、こういった食品を避けて使うのがおすすめです。

このカテゴリのページ

食事とコレステロール
脂肪酸の違い

食事コントロールTOP

メタボ

[PR]
赤ちゃん 夢占い 心理テスト
占い 心霊