メタボGUIDE

夕食の食べ方

遅い時間に食べる夕食

遅い時間に食べる夕食

ダイエット中や肥満の人に限らず、夕食は毎日決まった時間にゆっくりと食べるのが好ましい食事スタイルといえます。
しかし、特にメタボリックシンドロームの対策を心がけている人にとって、晩御飯の時間が寝る直前になってしまったりボリュームのあるメニューが多くなってしまうとメタボに悪い影響を与えてしまいます。
仕事などで夕食の時間が不規則な人や9時以降などの遅い時間に夕食をとることが多い人は、食物繊維の多い野菜やきのこ類をたっぷり使ったメニューにすることがポイントです。
私たちの体は夜になると消化力が落ち吸収力が高まるように出来ています。
特に寝る3時間前以降に食べたものの栄養分は吸収されて使われないまま脂肪の中に溜め込まれてしまいます。
また、消化しきれず消化器官に一晩中負担をかけることで胃腸の働きが悪くなってしまうこともあります。
9時以降などの遅い時間に夕食をとる場合には、食物繊維が豊富で消化の良いものを中心に少な目の量を食べるようにしましょう。
また、脂質の多い肉類や塩分は溜め込まれてしまわないように出来るだけ控えめにするのがポイントです。

食べ方

夕食の時間は、就寝時間からさかのぼって3時間以上あけることがメタボの人にとってもダイエット中の人にとっても健康な人にとっても望ましい時間といえます。
しかし、あまり早すぎる時間に夕飯を食べてしまうと寝る前におなかがすいて、つい何か食べたくなってしまう場合もあるので、空腹を感じるほど時間をあけることがないようにする工夫をしましょう。
また、一日の食事のうちで一番摂取カロリーを低くしておきたいのが夕食なのですが、現代の夕食は一般的に肉や魚などボリュームのあるメニューになることが多いと思います。
しかし、いきなり野菜だけ、とか夕飯に肉類は食べない、としてしまうのではなく、脂質の多い肉類の量を少なくしても満足感が得られるような工夫や献立にすると、メタボリックシンドロームの人も無理なくメタボ食を続けられると思います。

このカテゴリのページ

おすすめ夕食レシピ
夕食の食べ方
野菜ときのこの味噌汁レシピ
ヘルシー肉じゃがレシピ

食事コントロールTOP

メタボ

[PR]
赤ちゃん 夢占い 心理テスト
占い 心霊