メタボGUIDE

野菜ときのこの味噌汁レシピ

遅い時間に食べる夕飯としてメタボリックシンドロームの人におすすめなのが、野菜を煮込んだ体に優しい味噌汁です。
味噌汁は塩分を取りすぎてしまうこともあるので、ダシをしっかりとるのが薄味にする時のポイントです。
しょうがやネギなどの薬味を加えると、塩分が少なくても物足りないと感じることが少なくなります。

材料(2人分)

ゴボウ…1/4本
ニンジン…1/3本
大根…1/5本
タマネギ…1/2コ
生姜…少々
ぶなシメジ…1/2パック
しいたけ…2枚
味噌…大さじ1
鰹節のだし汁…250cc
ごま油…1〜2滴

作り方

  1. ごぼうはささがきにして30分ほど水につけておきます。ニンジンと大根は、いちょう切りにしておきましょう。タマネギ・ぶなしめじ・しいたけは食べやすい大きさに切っておきます。
  2. ナベにだし汁を入れて熱していき、ゴボウとキノコを入れます。“あく”が出てきたらこまめに取り除きます。
  3. “あく”が少なくなってきたら、刻んだ生姜を加えます。
  4. ゴボウが柔らかくなってきたら、ニンジン・大根・タマネギをいれ、野菜全体に火が通ったら火を止めて味噌を溶きます。
  5. 最後にごま油を1〜2滴たらして完成です。

このカテゴリのページ

おすすめ夕食レシピ
夕食の食べ方
野菜ときのこの味噌汁レシピ
ヘルシー肉じゃがレシピ

食事コントロールTOP

メタボ

[PR]
赤ちゃん 夢占い 心理テスト
占い 心霊