メタボGUIDE

牛肉の知識

牛肉とメタボ

牛肉

牛丼や焼肉など、メタボリックシンドロームの人の中には牛肉を使った料理を頻繁に食べていた人も多いのではないでしょうか。
特に日本人の好きな牛肉は「サシ」と呼ばれる脂の多い肉です。
これはメタボリック症候群の人にも一般的にも取りすぎるのは健康上あまり好ましくありません。
牛肉は私たちが食べる肉類の中でも最も脂肪分が多く含まれているものです。
牛肉を食べるときには、脂身の少ない部分を選んで使ったり、少量でたっぷりの野菜と一緒に食べるのがおすすめです。

牛肉を食べるときには

牛肉の中でも、「ヒレ」や「もも」は「ロース」「バラ」に比べて比較的脂肪分の少ない部分といえます。
牛肉を使った料理を作るときにはヒレ肉やロース肉を使うように心がけましょう。
また、内臓系も脂肪分が少ない部分なのですが、脂の大変少ないレバーの比べるとホルモン系の部位は脂肪分がかなり含まれているものもあるので注意しましょう。

このカテゴリのページ

食材について
牛肉の知識
豚肉の知識
鶏肉の知識
食材の工夫

ダイエットとメタボ対策TOP

メタボ

[PR]
赤ちゃん 夢占い 心理テスト
占い 心霊