メタボGUIDE

豚肉の知識

ぶた肉とメタボ

ぶたにく

豚肉は値段も手ごろで使いやすいことから、食べる機会の多い肉といえます。
メタボリック症候群の人の中には、牛肉より豚肉のほうが好き、という人もいるのではないでしょうか。
豚肉は牛肉に比べると脂肪分が少ないように思われがちですが、肉類を好んで食べる人が多いメタボリックシンドロームの人には、食べる量や調理の仕方に十分注意してもらいたい食材です。
加工品には塩分も多く含まれていますので、出来るだけ一般に市販されているのものではなく、ダイエット用や手作りのものを使うのがおすすめです。

ブタ肉を食べるときには

ブタ肉は、ひき肉上にして様々な料理に使われることが多い肉類です。
ひき肉は脂肪を分けて使うことが出来ないため、他の部分に比べても比較的脂質が多く含まれています。また、豚肉は肉として使うだけでなく、豚の背脂を使ったラーメンやベーコンなど脂分が料理に使われることもあります。
こういった加工品の脂肪分や塩分は、うっかり見落としがちなので使うときには注意が必要です。

このカテゴリのページ

食材について
牛肉の知識
豚肉の知識
鶏肉の知識
食材の工夫

ダイエットとメタボ対策TOP

メタボ

[PR]
赤ちゃん 夢占い 心理テスト
占い 心霊