メタボGUIDE

鶏肉の知識

鶏肉とメタボ

鶏肉

鶏肉は肉類の中でも、含まれる脂肪分が低くメタボリックシンドロームの人にはおすすめの食材です。
しかし、鶏肉の皮には意外と多く脂肪分が含まれています。
タレ付きの焼き鶏や手羽先など、メタボリックシンドロームの人が好きな鶏肉料理には他の調味料によって脂肪分や糖分、塩分が多く使われていることがあります。
鶏肉に含まれている脂質は少なくても、これではメタボリック症候群の人やダイエット中の人の食事としてはよくありません。
焼き鳥や手羽先は、店で買って食べるより、自分で調理して食べるがタレや塩を少なくするように注文するときにも、工夫するようにしましょう。

鶏肉を食べるときには

メタボリック症候群の人やダイエット中の人の食事には鶏肉の皮を取り除いたものを使うのがおすすめです。
しかし皮の部分には体に良い成分も多く含まれています。
皮をつけたまま調理する場合には、細かく脂を取り除いて調理するか、茹でるなどといった調理方法を使うのがポイントです。
鶏肉の部位の中では、ささみが最も脂肪分が少なくメタボリックシンドロームにはお勧めの食材なのですが、ぱさぱさして美味しくないという人もいます。
そういう人は、調理方法を工夫するか、ささみの次に脂肪分の少ない胸肉を使うようにしましょう。

このカテゴリのページ

食材について
牛肉の知識
豚肉の知識
鶏肉の知識
食材の工夫

ダイエットとメタボ対策TOP

メタボ

[PR]
赤ちゃん 夢占い 心理テスト
占い 心霊