メタボGUIDE

食材を使う時の工夫

天ぷらやフライの食べ方

てんぷら

天ぷらやフライなど、油で揚げた食事はメタボリックシンドロームの人は食べてはいけないものだと思っていませんか?
フライや天ぷらは揚げる食材に野菜や白身魚を使うことが多く、食材自体は比較的低カロリーです。
そのため、揚げるときに使う揚げ油をメタボリック症候群の人にお勧めのタイプのものにしたり、衣を少なくする工夫をすれば4〜5品程度なら問題なく食べることができると思います。
このとき掻揚げやコロッケなど衣を多く必要とする料理は避けることがポイントです。
またソースやドレッシングにもノンオイルのものを使ったり、酢を活用することで塩分や糖分をおさえることが出来ます。

ビタミンを活用しよう!

ビタミンは体の中で抗酸化作用や抗ストレス作用などの働きがあるため、メタボリックシンドロームの人にはぜひたくさんとって欲しい成分です。
メタボリック症候群の人に中には、野菜を積極的に取ってこなかったという人も多いと思います。
食事の中にビタミンを多く吹くも食材を多く取り入れることで、血液中の成分のバランスを整える助けをしてくれたりストレスを緩和してくれる働きがあります。
ダイエットにも注目されているビタミンはフルーツに多く含まれていることが有名ですが、フルーツには糖分も多く含まれています。
メタボリックシンドロームの人やダイエットしたい人は、フルーツをメインにビタミンを取るよりも野菜や魚からビタミンを取るのがおすすめです。
また、ビタミンを摂取するためのサプリメントも通販や市販でたくさん出ています。
しかし、食材に含まれるビタミンのほうが体内に上手く吸収される場合が多いので、出来るだけ食材から摂取するように心がけましょう。

このカテゴリのページ

食材について
牛肉の知識
豚肉の知識
鶏肉の知識
食材の工夫

ダイエットとメタボ対策TOP

メタボ

[PR]
赤ちゃん 夢占い 心理テスト
占い 心霊